for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

英国の世論調査、反EU政党の支持率が1位に

[ロンドン 19日 ロイター] - 英国で19日発表された世論調査では、反移民や欧州連合(EU)離脱を唱える英国独立党(UKIP)の支持率が最も高かった。調査はComResが実施、英紙インディペンデント・オン・サンデーが報じた。5月に欧州議会選挙を控えるキャメロン首相(保守党)にとって逆風になるとみられる。

調査結果によると、独立党が27%と最大の支持を集めた一方、労働党は26%、保守党は25%となった。

16日に公表されたYouGovの調査でも保守党は第3位に甘んじている。この調査では、欧州議会選挙で保守党に投票すると答えた人が23%となり、労働党の32%、独立党の26%を下回った。

独立党は英下院に議席はないが、欧州議会で13議席をもち、5月の地方選でも4分の1程度の票を得た。2015年に予定されている英総選挙でキャメロン首相の得票数を奪い圧倒的勝利を妨げる可能性があるだけに、同党の躍進は首相にとって頭痛の種となっている。さらに、首相に対し一段の反EU政策を望む保守党内のEU懐疑派をも懸念させている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up