for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

再送-米国株式市場サマリー(14日)

(この記事は15日に配信しました)
    [14日 ロイター] - 
  (カッコ内は前営業日比)

  ダウ工業株30種(ドル) 
     終値       16154.39(+126.80)
     始値       16018.08
     高値       16175.55
     安値       15985.39
  ダウ輸送株20種      7306.69  (+24.71)
  ダウ公共株15種      519.51  (+3.26)
  NYSE出来高概算    6.21億株
   値上がり(銘柄)   2020
   値下がり(銘柄)    994
   変わらず        141
  S&P総合500種 
     終値       1838.63(+8.80)
     始値       1828.46
     高値       1841.65
     安値       1825.59
  ナスダック総合 
     終値       4244.03(+3.36)
     始値       4237.00
     高値       4250.91
     安値       4225.75
  フィラデルフィア半導体株指数     559.12  (+3.10)
  シカゴ日経平均先物3月限(ドル建て)清算値 14460  (+130) 大証終値比
  シカゴ日経平均先物3月限(円建て) 清算値 14440  (+110) 大証終値比

        
    続伸し、主要株価3指数はそろって2週連続の上昇となった。
    相場はほぼ全面高の展開となった。ナスッダクは2000年以来の高値で終了したほ
か、S&P総合500の10業種のうち、通信株 を除く9業種がプラス圏で終
えた。景気敏感株とされるエネルギー株 は1.5%高と、最も上げが目立った。
    
    同日発表された1月の輸出物価は0.2%上昇し、変わらずとしていた市場予想を上
回った。上昇は3カ月連続。世界経済の需要動向や米製造業の先行きを見通す上で、明る
い兆候を提供した。
    一方、1月の鉱工業生産指数は前月比0.3%低下した。異例の寒波の影響で製造業
が0.8%と2009年5月以来の大幅な下げとなったことが響いた。
    だが米景気の減速ではなく寒波による影響との見方から、市場はこのところの弱い指
標も材料視していない。
    スタンダード・ライフ・インベストメンツの米株部門責任者ジェフ・モリス氏は「天
候は状況を都合の良いように解釈する言い訳になりやすいが、全米の約半分の地域が寒波
による影響を実際に受けており、それだけで弱い指標を懸念しない十分な理由になり得る
」と指摘した。
    異例の冷え込みにもかかわらず、2月の米ミシガン大消費者信頼感指数は81.2と
、前月から横ばいの水準を維持した。
    
    週間ではダウ、S&Pがともに2.3%上昇、ナスダックは2.9%値を上げた。主
要3株価指数はそろって2週連続の上昇となった。
    
    紳士服販売のジョス・エー・バンク・クロージャーズ は0.4%上昇。同社
はアウトドアウエア専門のエディー・バウアーを8億2500万ドルでプライベート・エ
クイティ(PE)のゴールデン・ゲート・キャピタルから取得すると明らかにした。
    ジョス・エー・バンクに買収提案していたメンズ・ウエアハウス は5.3%急
落した。
    保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG) は1.2%
下落。同社は前日、予想を上回る第4・四半期決算を発表するとともに、増配、および自
社株買いの拡大を明らかにしていた。
    
    ニューヨーク証券取引所では全体の約64%、ナスダックでは50%の銘柄がプラス
圏で取引を終えた。
    BATSグローバル・マーケッツのデータによると、ニューヨーク証券取引所、ナス
ダック、NYSE MKTの3市場の出来高は約51億株だった。
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up