for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

国際競争力ランキングで日本が6位に浮上、首位は6年連続でスイス

[ジュネーブ 3日 ロイター] - スイスの研究機関「世界経済フォーラム(WEF)」が3日発表した2014年版の国際競争力ランキングは、日本が6位となり、昨年から順位を3つ上げた。首位は6年連続でスイスだった。

「ダボス会議」を主催するWEFは144カ国・地域を対象に、インフラ、医療・教育、市場の規模、マクロ経済環境などの分野で競争力を調査。政府の透明性なども評価の対象となっている。

2位にはシンガポールが入り、続いて3位には、昨年から順位を2つ上げた米国がランクインした。続いてフィンランド、ドイツ、日本、香港、オランダ、英国、スウェーデンとなった。トップ10の顔ぶれは昨年と同じだった。

中国は28位と、昨年の29位から上昇。ロシアは53位だった。インドは71位と、順位を11下げ、主要新興国BRICSの中で最下位となった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up