for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

独連銀総裁、ECBによるQE実施にあらためて警戒感表明

[パッサウ(ドイツ) 12日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのバイトマン独連銀総裁は12日、ECBの緩和的な金融政策は適切との認識を示しながらも、ECBによる国債買い入れについてはあらためて警戒感を示した。

同総裁はパッサウで行った講演で、インフレ率が低迷するなどユーロ圏の景気見通しは全般的に軟調となっていると指摘。「(ECBの)緩和的な金融政策は基本的に適切」との考えを示し、「理事会が追加措置について討議し、今後も検討を続けるとしていることは当然だ」と述べた。

ただ、追加措置としての国債買い入れについては、「法律上の制限があることに加え、(ECBによる)国債買い入れは、特にユーロ加盟国の債務増加を助長するなど、誤ったインセンティブを与えかねない」と述べ、警戒感を示した。

ECBによる国債買い入れをめぐり、バイトマン総裁はドラギECB総裁と対立。ユーロ圏最大の経済規模を持つドイツの中銀が買い入れに懸念を示していることで、ECBが量的緩和(QE)実施に踏み切ることは難しいとの見方も出ている。

ロイターが市場関係者を対象に実施した調査では、ECBによるQE実施の確率は五分五分となっている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up