for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国、医療分野の米製品輸入手続き簡略化で合意=米商務長官

[シカゴ 18日 ロイター] - プリツカー米商務長官は、中国が米中合同商業貿易委員会(JCCT)で医薬品・医療機器分野における米製品の輸入手続き簡略化で合意したことを明らかにした。独占禁止法の手続きをよりオープンにすることも決まった。

委員会は18日に3日間の日程を終えて終了した。

両国の関係者によると、さまざまな分野で協議に進展がみられた。

米国は知的財産権と独禁法の分野での成果を強調。米企業から承認プロセスでの負担が指摘されていた医薬品などの製品についても市場開放に向けて前進したとしている。

プリツカー長官は記者団に「中国側は、先進的な医薬品や医療機器の輸入手続きの簡略化と在庫処理について合意した」と述べた。

また、独禁法の事務手続き結果を公表し、米企業が法律顧問に助言を受けることを認めたという。

中国の関係者は、これより先の共同記者会見では医薬品や医療機器に言及せず、両国が「食品の安全についての協力強化で合意した」と述べた。

フロマン米通商代表部(USTR)代表は、バイオテクノロジー作物の承認について協議を進めることで合意したことを明らかにしている。

協議期間中に中国は、スイスの農業化学大手シンジェンタ の遺伝子組み換えトウモロコシ品種の米国からの輸入を承認する方針を明らかにした。デュポンパイオニアやバイエルクロップサイエンスのバイオテク大豆の出荷も認められた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up