for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UPDATE 1-ロシア大統領、景気に慎重な見方示す 財務相は「最悪期脱した」

(内容を更新しました)

[モスクワ 19日 ロイター] - ロシアのプーチン大統領は19日、同国の景気に自信を持つ状況には至っていないとの見解を示した。一方、シルアノフ財務相は、欧米による制裁や原油安の影響を受けたロシア経済は最悪期を脱したと述べた。

プーチン氏は実業家向けの会議で発言。中銀の主要政策金利については依然として高いが、現在の水準は経済状況によって正当化できると主張した。

中銀は今月、主要政策金利を15%から14%に引き下げた。利下げは今年2度目。

大統領は「確かに主要金利はかなり高い」と指摘。「現時点では、われわれが自信を持つ根拠はない」とした。

シルアノフ財務相は同じ会議の演説で、同国経済が安定期に入ったことを示す兆候があると主張した。

「昨年終盤と今年の初めは為替市場の変動率が高まり、われわれの資産の価値が大きく下がったため、特に難しい状況だった」と指摘。「この2つのショックでわれわれは強い打撃を受けた。現在は、概して最悪期を脱したと考えており、逆に安定化の兆候が一部で見られる」と語った。

一方、ウリュカエフ経済発展相は、消費者物価指数(CPI)の上昇は落ち着きをみせており、今後1カ月から1カ月半は現在の水準にとどまるとの見方を示した。連邦統計局が5日発表した2月の消費者物価指数(CPI)は前年比上昇率が16.7%と、1月の15.0%から加速した。

シルアノフ財務相はインフレ率は年末までに年率で11─12%に低下する可能性があるとの見方を示した。

ウリュカエフ氏はまた、今年の資本流出額は予想を下回り、1000億ドルを割り込む可能性があると述べた。2016年の経済成長率は2─2.5%に達するかもしれないとも語った。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up