for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UPDATE 1-GDP1─3月期は大幅上方修正、非製造業の設備投資が寄与

(内容を追加しました)

[東京 8日 ロイター] - 内閣府が8日に発表した2015年1─3月期実質国内総生産(GDP)2次速報値は、1次速報値から大幅な上方修正となった。前期比はプラス1.0%(1次速報値プラス0.6%)、年率換算ではプラス3.9%(1次速報値プラス2.4%)。

ロイターの事前予測調査では、中央値は前期比プラス0.7%、年率プラス2.7%となっていた。

上方修正の要因は民間設備投資。財務省が1日発表した法人企業統計を反映し、1次速報のプラス0.4%からプラス2.7%へと大きく上振れた。業種別では、卸売・小売業、電気、サービス業などの非製造業が寄与した。

法人企業統計では、物流センター建設やテーマパーク関連投資など、海外からの観光客の増加に対応した投資や好調な通信販売に対応した投資が目立っていた。

民間在庫投資もGDPへの寄与度が0.5%から0.6%へと上方修正され、全体の押し上げに貢献した。

原材料在庫や流通在庫の減少ペースが緩やかになった格好だが、「中華圏の春節に先立つ輸入の急増や自動車増税に伴う軽自動車の反動減等の特殊要因から一時的に積み上がったとみられるため、過度な懸念は不要」(SMBC日興証券・牧野潤一チーフエコノミスト)との見方も出ている。

一方、民間住宅投資は1次速報のプラス1.8%からプラス1.7%に、公的資本形成(公共事業)はマイナス1.4%からマイナス1.5%に、それぞれ若干下方修正された。

名目GDPでは前期比プラス2.3%、年率プラス9.4%と、1990年4─6月期(前期比プラス3.7%、年率プラス15.7%)以来の高い伸びを示した。原油価格の下落を受け、GDPデフレーターが高く伸びたことが要因。

*内閣府の発表資料は以下のURLをご覧下さい。 here

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up