for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ベラルーシ、露ウラルカリ CEO拘束 合弁解消で職権乱用の疑い

[ミンスク/モスクワ 26日 ロイター] - ベラルーシは26日、ロシアの肥料大手ウラルカリ のウラディスラフ・バウムガートナー最高経営責任者(CEO)を拘束した。

ウラルカリは7月、ベラルーシのベラルーシカリとの間で設立した合弁事業、ベラルーシ・ポタッシュ・カンパニー(BPC)から撤退する意向を表明。

ベラルーシ当局者によると、バウムガートナーCEOには、ウラルカリの合弁解消の決定にあたり、職権乱用などの疑いが持たれている。

ロシア企業の幹部がベラルーシで拘束されるのは今回が初めて。

ウラルカリは、バウムガートナーCEOをはじめ、幹部による不正行為はないと主張している。

ロシアのシュワロフ第一副首相は記者団に「常軌を逸している」と批判。CEO拘束は「奇妙かつ不適切で、パートーナーシップの名にふさわしくない」との考えを示した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up