for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

欧州銀ストレステスト、大規模な資本不足に備え対策必要=ESM責任者

[ブリュッセル 24日 ロイター] - 欧州安定メカニズム(ESM)の責任者、クラウス・レグリング氏は24日、欧州中央銀行(ECB)銀行監督一元化への移行に当たり実施が予定されている域内銀行のストレステスト(健全性審査)について、大規模な資本不足が指摘された場合に備え、対策を講じるべきとの考えを示した。

同氏は欧州議会で「深刻な事態となった場合に備え、市場を安心させるための対策を用意することが有益」と述べた。

自力では資本基盤を増強できない銀行への対応が十分に行われていないとし、「活用する意図はなくとも、特定の手段を活用できる状況にしておくことは、時に非常に良いことだ」とした。

一方で「現時点ではESMがその役割を果たすことができないことは明確だ。それにはESMに関する条約改定が必要になる」とも述べ、ESMではなく、各国政府が対策を講じるべきだとの考えを示唆した。

ユーロ圏では、ESMによる銀行への直接支援に関して政治的な合意は得られているものの、現時点ではまだ実施できる状況には至っていない。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up