for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

世界のPC出荷台数、第3四半期は8.6%減 レノボがシェア1位を維持=ガートナー

[9日 ロイター] - 米ハイテク調査会社ガートナーが9日発表した第3・四半期の世界のパソコン(PC)出荷台数は前年同期比8.6%減の8030万台だった。タブレット端末に需要が移る傾向が続き、新学期シーズンで伝統的に売上高が上向くこの時期としては2008年以降で最低の水準となった。

地域別では欧州・中東・アフリカの出荷が13.7%減と最も落ち込み、アジアも11.2%減となった。ただ、米国では在庫復元の動きやインテル の最新の半導体を内蔵したPCへの人気を背景に、3.5%増加した。

ガートナーの首席アナリスト、北川美佳子氏は「日々のコンテンツ消費がPCからタブレットにシフトする動きが、引き続き先進国と新興国の市場におけるPCのインストールベース(利用台数)を減らした」と指摘した。

各メーカーの出荷台数は、中国のレノボ・グループ(聯想集団) が2.8%増で市場シェアは17.6%と首位を維持した。アジアでの出荷落ち込みを欧米における堅調な販売で穴埋めした。

米ヒューレット・パッカード(HP) の出荷台数は1.5%増、シェアは17.1%。出荷台数が前年同期比でプラスになったのは昨年第1・四半期以来だった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up