for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ウクライナ大統領が外相・中銀総裁指名、親欧・市場重視の陣容

[キエフ 18日 ロイター] - ウクライナのポロシェンコ大統領は18日、駐ドイツ大使を務めるパブロ・クリムキン氏を外相に、金融業界内で手腕を高く評価されているバレリア・ホンタレバ氏を中銀総裁にそれぞれ指名した。

外相に指名されたクリムキン氏は欧州統合派で、欧州連合(EU)との自由貿易協定(FTA)交渉でも中心的な役割を務めた人物。

またホンタレバ氏はING銀行やソシエテ・ジェネラルのウクライナ部門で幹部を務めた経歴を持つ。

今回の人事案は「西側諸国寄りで市場や企業を重視」(スタンダード銀行のティモシー・アッシュ氏)と評価されており、親欧州路線を明確にするとともに、海外からの投資呼び込みを目指すポロシェンコ大統領の決意が鮮明となった。

就任には議会の承認が必要で、大統領は両人事案を19日議会に提出する見通し。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up