for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UPDATE 2-NZ第2四半期CPIは中銀予想下回る、利上げペース鈍化観測も

(内容を追加しました)
    [ウェリントン 16日 ロイター] - ニュージーランド統計局が発表した第2・ 
四半期の消費者物価指数(CPI)は前年比の上昇率がニュージーランド準備銀行(中央
銀行、RBNZ)の予想を下回った。乳業大手フォンテラの定期入札で、乳製品価格が下
落したこともあり、RBNZが金融引き締めのサイクルをいったん停止する可能性も取り
沙汰され始めた。
    エコノミストは、来週の金融政策レビューでRBNZが利上げを踏みとどまるほどの
内容ではないと指摘するが、7月が年内最後の引き締めになるとの観測も一部で浮上して
いる。
    ドイツ銀行のニュージーランド担当首席エコノミスト、ダレン・ギブス氏は「恐らく
、RBNZを悩ませる主な要因はCPIではなく、乳製品価格の下落」と指摘。「乳製品
の価格や通貨が今の水準にあり、インフレ加速が中銀予想よりも緩やかなペースであるこ
とを考慮すると、来週に利上げはするものの、いったん(引き締めを)停止するメッセー
ジを送るはずだ」と述べた。
    
    ロイターの調査では16人のエコノミストのうち、13人が今月の利上げを予想。ま
た、11人が年内にもう1度引き締めが実施されると予想する。
    市場は、80%の確率でRBNZが25ベーシスポイント(bp)の利上げを実施す
ると織り込んでおり、15日時点の91%から低下した。また現時点では来年に74bp
の引き締めが実施されるとの予想が出ている。これまでの予想は84bpで、引き締めペ
ースが鈍化するとみられていることが示された。    
    
    第2・ 四半期のCPIは前年比1.6%上昇と、伸びは第1・四半期の1.5%か
らやや加速した。前期比は0.3%の上昇だった。住宅、家庭用品、食料の価格が上昇し
た。
    ロイターがまとめたエコノミスト予想は前年比1.8%上昇、前期比0.4%上昇だ
った。中銀は前年比1.7%と予想していた。
    電気料金が上昇、季節的に野菜も値上がりした。
    
    為替水準を反映する貿易財インフレは前年比0.1%上昇、2012年第1・四半期
以来のプラスとなった。
    国内のインフレ水準を反映する非貿易財インフレは前年比2.7%上昇、前四半期比
0.4%上昇。

    (単位:%)
    
    CPI(オールグループ)
  
         14年Q2               14年Q1             13年Q2
 前期比      +0.3                   +0.3                 +0.2
 前年比     +1.6                   +1.5                 +0.7
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up