for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UPDATE 1-JPX日経400銘柄替えでソニー除外、パナソニックなど新規採用

(内容を追加しました)

[東京 7日 ロイター] - 日本取引所グループ と日本経済新聞社は7日、今年1月から算出が始まった新指数「JPX日経インデックス400 」」について、銘柄の入れ替えを発表した。入れ替え数は31で、ソニー やスカイマーク は除外、パナソニック や大塚ホールディングス は新規採用となった。

同指数は、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)のベンチマークとしても採用されているほか、今後も同指数連動型のETFなどが拡大していくと見込まれており、将来的な需給インパクトの観点から、銘柄入れ替えに対する市場の注目が集まっていた。

このほかの新規採用銘柄は、アイフル 、大和証券グループ本社 、沖電気工業 、カシオ計算機 、メディパルホールディングス など。一方で除外銘柄は、TOKAIホールディングス 、東京エレクトロン 、ワタミ 、キヤノン電子 、ゼンショーホールディングス などとなっている。

JPX日経インデックス400は、過去3年間のROEや営業利益、6月末時点の時価総額などから銘柄が選定され、東証1部だけでなく新興市場に上場している企業も合わせて計400の銘柄で構成されている。

今回の入れ替えの結果、市場ごとの銘柄数は東証1部が388銘柄、東証2部が1銘柄、ジャスダック市場が10銘柄、マザーズ市場が1銘柄となった。

同指数は海外投資家からの注目度も高く、5月後半からの日本株の反発局面では、パフォーマンスの良さが目立っている。5月21日から8月7日にかけて、JPX日経400は9.15%上昇しており、日経平均の上昇率8.47%を上回っている。

同指数をめぐっては、126兆円の資産を運用する世界最大の年金基金であるGPIFが4月、新たなベンチマークとして採用したと発表。3月末時点で計1511億円を運用会社3社に運用委託している。

UBS証券エクイティ・ストラテジストの大川智宏氏によると、同指数連動型の公募投信やETFは足元で急速に拡大しており、今後もその傾向は続くとみられている。「足元の需給インパクトはそれほどでもないが、日銀がJPX400に連動するETFの購入を検討するとの一部報道もあり、将来的な需給面に関しては相当な期待感がある」(大川氏)という。 (梅川崇)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up