for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ドイツの対ロシア輸出、上期は15.5%減 ウクライナ問題響く

[ベルリン 20日 ロイター] - ドイツ連邦統計局が20日公表した2014年上期の対ロシア輸出額は、15.5%減の153億ユーロとなった。ウクライナ問題をめぐるロシアと西側諸国の対立が影響を及ぼしており、とりわけ自動車、機械の落ち込みが目立った。

自動車・自動車部品の輸出は24.4%、機械は18.7%それぞれ減った。

自動車・自動車部品は輸出全体のおよそ20%を占めている。ロシアは西側諸国に対する制裁措置の一環として、自動車輸入の禁止も検討しているとされ、実際に導入されれば、独自動車業界にはさらなる打撃となる可能性がある。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up