for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UPDATE 1-ECB理事会後のドラギ総裁の発言要旨

(内容を追加しました)

[フランクフルト 6日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)は6日、主要政策金利であるリファイナンス金利を0.05%に据え置いた。

据え置きは市場の予想通りだった。

上限金利の限界貸出金利も0.30%に、下限金利の中銀預金金利もマイナス0.20%に据え置いた。

理事会後に開かれた会見でのドラギECB総裁の発言要旨は以下の通り。

<理事会メンバーが持つ政策懸念>

私が知る限り、懸念が表明されることはなかった。(昨日の理事会)夕食会は、(ECB議事録に関する)この議論が話題となり、このため夕食会は成功したと考えている。非常に有意義で興味深く、非常に率直な意見交換を行った。ただ(指摘される)こうした懸念は、私の知る限り示されなかった。

私はどこにでもいると言うわけでない。他のメンバーの意見は知らないが、何も起きなかった。

<域内中銀のABS買い入れ>

ご存知の通り、買い入れを外部のアセットマネジャーに委託して始める。しかし、域内の中銀がこのプログラムに参加する可能性を排除していないのは確かだ。

意欲があり準備が整っている可能性のある中銀を含めるため、どの中銀が、どの程度の期間内に、外部のマネジャーだけを考慮し準備してきた枠組みに対応できるか見極めようとしているところだ。

<諸外国の中銀からの教訓>

(他の中銀について考える際は)初期条件が著しく多様であることを踏まえる必要がある。他の中銀の経験やバランスシートの規模についてはきょう、かなり広範にわたって議論した。初期条件次第でQE(量的緩和)の影響が異なることをわれわれは認識する必要がある。

米国や英国を例にとれば、多くの違いがあることが分かる。1つ目は規模の違い。米英はバランスシートを3倍あるいは4倍にしてきた。2つ目は資本市場の構造。3つ目は、忘れがちであるが、米、英、日本は欧州の数倍の財政赤字を抱えていたということだ。4つ目はQEの構成が異なっており、特に米英に関しては、実施の時期が異なるし、スプレッドや金利は今と比べてかなり高水準にあった。

それ故、担当委員会とECBスタッフはこれらすべてを考慮する必要があり、必要な場合に講じる追加措置が効果を表す条件や波及経路について検討する必要がある。諸外国からの教訓は、必要な場合に講じる措置について、どのように効果を最大化するかの検討を促す点で非常に重要だ。

<理事会内対立の報道>

これら報道についてまず言いたいのは、意見が食い違うのはまったく自然なことで、どこでもあることだ。米利上げ時期に関する、連邦公開市場委員会(FOMC)メンバーらの最近の声明を読むとよい。英国でも日本でも起こることで、正常な多様性を示す一側面だ。

ただ、この質問への最善の回答は、冒頭に読み上げた声明は、過去に関する重要なニュースを一部含むが、全会一致で承認、支持されたという事実が存在することだ。

<全員一致>

この(声明文)は理事会全員の承認を得ている。

<必要なら一段の非標準的措置に全会一致でコミット>

ECBの緩和的な金融政策スタンスは、2%弱のインフレ率目標に沿って、中長期のインフレ期待をしっかり安定させる一助となる見通しだ。

われわれの金融政策措置はまた、経済への波及に伴い、インフレ率が目標に近い水準に戻ることに寄与するだろう。だが先を見通しつつ新たな情報や分析を考慮する中、理事会は金融政策スタンスが適切かどうか注意深く監視し継続的に見直す。

低インフレが過度に長期間続くリスクに一段と対応する必要が明らかになれば、理事会は責務の範囲内において、さらに非標準的な措置を講じることに全会一致でコミットしている。

<物価リスクを注視>

理事会は中期的な価格動向の見通しに対するリスクを引き続き注視する。

その意味で、経済成長を取り巻く環境の悪化、地政学的動向、為替レート、エネルギー価格の動向や我々の金融政策の波及効果が与え得る影響に特に注目する。

<必要なら追加措置の用意>

理事会は、必要な場合に講じる追加策を適時準備するよう、ECBスタッフやユーロシステムの関係各委員会に指示した。

<バランスシート、2012年初めの水準に戻る見込み>

新しいプログラムの下でカバードボンドの購入を先月始めた。間もなく、資産担保証券(ABS)の買い入れも始める。プログラムは少なくとも2年間続く。2016年6月まで行う予定の、一連の「的を絞った長期資金供給オペ(TLTRO)」と合わせて、これらの資産買い入れは、ECBのバランスシートに大きな影響をもたらす。バランスシートは、2012年初頭の水準に向かう見込みだ。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up