for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ECBの量的緩和、待つべきだった=オーストリア中銀総裁

[ウィーン 22日 ロイター] - オーストリア中央銀行のノボトニー総裁は22日、この日欧州中央銀行(ECB)が量的緩和(QE)実施を決定したことに関して、既存の景気刺激策の効果の見極めがつくまでもう少し待つべきだったのではないかとの意見を表明した。

ECBはユーロ圏経済の支援とデフレ回避のため、国債買い入れ型のQEを3月に開始すると発表した。これに対し、同総裁はオーストリアのORFテレビで「これで実質的に、われわれに残された手段はほぼなくなったということに注意を払うべきだ。こういう場合は非常に慎重になるべきだと考える。個人的には、このプログラムについて考え、本当に必要なのか(見極めるため)、もう少し待つことを提案すべきだったのではないかと思う」と話した。

総裁はさらに「(QEの)即座の効果は、ユーロ安となって現れるだろう。それ自体は、オーストリアにとって好ましくない変化というわけではない」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up