for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ガラケー出荷台数が7年ぶり前年上回る、高いスマホ敬遠か=MM総研

[東京 3日 ロイター] - MM総研(東京都港区)がまとめた2014年の国内携帯電話出荷台数調査によると、「ガラケー」と呼ばれるフィーチャーフォン(従来型携帯電話)の出荷台数が前年比5.7%増の1058万台と、2007年以来7年ぶりに前年比プラスとなった。一方、スマートフォン(スマホ)の出荷台数は前年比5.3%減の2770万台にとどまった。

フィーチャーフォンはスマホが伸び始めた2008年以降、6年連続で前年比マイナスの出荷となっていただけに、減少に歯止めがかかるかどうか注目される。

フィーチャーフォンが一定の支持を集めている理由について、MM総研は、スマホの月額利用料金が高いことや、機能面でもフィーチャーフォンで十分と考えるユーザーがいることなどを挙げた。

総出荷台数は前年比2.5%減の3828万台と、過去最高の4375万台を出荷した2012年から2年連続で減少した。 (志田義寧)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up