for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UPDATE 2-米金融・債券市場=利回り上昇、大型の社債発行案件が圧迫

(表のレートを更新しました。)
    [ニューヨーク 2日 ロイター] -      
  30年債 (指標銘柄)              
    米東部時間17時05分    96*06.00=2.6860%
        前営業日終盤     98*02.00=2.5934%
    
 10年債 (指標銘柄)
    米東部時間17時04分    99*06.50=2.0890%
        前営業日終盤     100*01.00=1.9965%
    
  5年債 (指標銘柄)
    米東部時間17時04分    99*00.75=1.5792%
           前営業日終盤     99*12.75=1.5005%
    
  2年債 (指標銘柄)
    米東部時間17時04分    99*21.75=0.6621%
        前営業日終盤      99*24.25=0.6224%
    
    
    2日の米金融・債券市場では、米国債利回りが上昇した。社債市場の大型起債案件が
圧迫材料となった。
    後発医薬品メーカーのアクタビス はこの日、220億ドル相当の起債に向け
マーケティングを行った。プライシングは3日の予定。社債の発行規模としては過去2番
目の大きさになると見込まれている。
    社債市場では、米連邦準備理事会(FRB)の利上げを前に起債に踏み切る企業が増
える可能性がある。
    
    午後の取引で、指標10年債 は25/32安。利回りは2月24日以来
の高水準となる2.08%に上昇した。 
    
    また市場では、FRBの利上げ時期を見極めようとする動きが続いている。
    一部では、今月17━18日開催の米連邦公開市場委員会(FOMC)で、FRBは
金利の道筋を示すフォワードガイダンスから「忍耐強く(patient)」の文言を削除し、
6月の利上げ開始へと地ならしを行うとの見方が出ている。
    今週の注目材料は6日に発表される2月の米雇用統計だ。ロイター調査では、非農業
部門雇用者数が24万人増と予想されている。
    TD証券の金利ストラテジスト、ジェナディ・ゴールドバーグ氏は米経済がそこまで
減速していないかどうかは雇用統計次第だと指摘。「雇用統計が弱く、賃金の伸びもさえ
なければ、今月のFOMCで『忍耐強く(patient)」』の文言が削除されるかどうかに
大きな影響を及ぼし、利上げ時期をめぐり大幅な調整につながる可能性がある」との見方
を示した。
    
    Tボンド先物6月限 は2━5/32安の159─22/32。
    Tノート先物6月限 は21.50/32安の127━4/32。 
    
    <ドル・スワップ・スプレッド>   
                           LAST      Change
U.S. 2-year dollar swap spread            24.75     (-0.50)
U.S. 3-year dollar swap spread            21.50     (-1.00)
U.S. 5-year dollar swap spread            14.50     (-0.25)
U.S. 10-year dollar swap spread           12.25      (unch)
U.S. 30-year dollar swap spread          -11.25     (-0.25)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up