for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

欧州株式市場=上昇、エネルギー株2カ月ぶり大幅高 投資家心理指数悪化で伸び悩み

    [4日 ロイター] - 欧州株式市場は上昇。石油・ガス関連株が
2カ月ぶりの大幅な伸びを記録し、上昇を主導した。ただ、月内に欧州
中央銀行(ECB)の利上げ見込まれる中、4日発表されたユーロ圏投
資家センチメント指数の悪化を受け、伸び悩んだ。
    米市場が祝日で休場のため、商いは薄かった。
    エネルギーは4%高。供給逼迫懸念を追い風に原油相場が
上昇する中、石油大手BP、シェル 、仏トタル<TTEF.P
A>は軒並み4.4─4.6%上昇。
    ヘルスケアや鉱業も堅調に推移した。
    一方、不動産、自動車、ハイテクはアンダ
ーパフォームし、重しとなった。
    調査会社センティックスが発表した7月のユーロ圏投資家センチメ
ント指数はマイナス26.4と、前月のマイナス15.8から低下し、
2020年5月以来の低水準となった。
    また、5月のユーロ圏生産者物価指数は前月比、前年同月比とも、
市場予想を下回る伸びにとどまった。
    個別銘柄では、ロシアのウクライナ侵攻に伴うガス調達コスト高騰
で経営難に陥っているウニパーが27.6%急落。トレーダ
ーは同社の救済計画を巡り、国有化リスクを指摘した。
    市場では7日公表されるECBの前回理事会の議事要旨が注目され
ている。
    
 <株式指数>                     終値     前日比      %   前営業日終  コード
                                                                    値  
 STOXX欧州600種         409.31      +2.18   +0.54       407.13          
 FTSEユーロファースト3    1613.42      +9.70   +0.60      1603.72          
 00種                                                                 
 ユーロSTOXX50種        3452.42      +4.11   +0.12      3448.31             
 
    

    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up