for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

独ZEW期待指数、8月は-55.3に小幅低下 インフレ警戒

8月16日、独欧州経済センター(ZEW)が発表した8月のドイツ景気期待指数はマイナス55.3と、前月のマイナス53.8から小幅に低下した。フランクフルトで2021年10月撮影(2022年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

[ベルリン 16日 ロイター] - 独欧州経済センター(ZEW)が16日発表した8月のドイツ景気期待指数はマイナス55.3と、前月のマイナス53.8から小幅に低下した。

生計費の上昇で個人消費が打撃を受けるとの懸念が背景。ロイターがまとめた市場予想はマイナス53.8だった。

ZEWのエコノミスト、ミヒャエル・シュローダー氏は声明で「依然として高いインフレ率と暖房・エネルギーコストの上昇予想が、個人消費セクターの利益予想の下方修正につながった」と述べた。

「一方で短期金利の一段の上昇が見込まれるため、金融部門の期待は改善している」と指摘した。

VPバンクのエコノミスト、トマス・ギッツェル氏は、独経済が第3・四半期にマイナス成長になるとの見方を示した。「第4・四半期も改善が見込めないことから、(2四半期連続でマイナス成長となる)リセッション(景気後退)が既に始まっている」とし「年明けも状況の改善を期待する理由はほとんどない」と述べた。

8月の現況指数はマイナス47.6と7月のマイナス45.8から低下した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up