for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

BRIEF-構造改革から生じるデフレ圧力和らげるため、適切な金融緩和による下支え必須=岩田日銀副総裁

[東京 3日 ロイター] - 日銀の岩田規久男副総裁は3日、構造改革から生じるデフレ圧力を和らげるために、適切な金融緩和による下支えは必須だとの認識を示した。ソウルで開かれている韓国中銀主催の国際カンファンレンスでの講演内容を日銀が同日、開示した。主な発言は以下の通り。

* 仮に成長戦略停滞し潜在成長力強化進まなければ、低実質成長をもたらす可能性

* 日本経済の潜在成長力強化に向け政府が成長戦略さらに推進すること強く期待

* 潜在成長率が上昇した場合、一時的な需給ギャップ悪化で物価の下落圧力生じる可能性

* 構造改革から生じるデフレ圧力和らげるため適切な金融緩和による下支えは必須

* QQEの波及メカニズム、円安による輸入物価上昇に依存したものではない

* QQE、これまでのところ所期の効果が出ている

* 様々なアンケートやBEIなど見ると、予想インフレ率は全体として上昇している

* 日本経済は物価2%目標実現に向け道筋順調、政策に確かな手応え

* 需給ギャップ解消で物価上昇の好循環期待できる

*この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up