for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

声明の「相当な期間」削除が合理的な次のステップ=米ダラス連銀総裁

[ 3日 ロイター] - 米ダラス地区連銀のフィッシャー総裁(2014年FOMCの投票権あり)は3日、雇用情勢の改善やインフレの安定を踏まえ、今月の連邦公開市場委員会(FOMC)で、超低金利政策の継続期間に関する「相当な期間(considerable time)」という文言を声明文から削除すべきとの見解を示した。

フィッシャー総裁は、講演後、記者団に「その文言(considerable time)を外すことが、わたしにとって合理的なステップだ」と述べ、「われわれは、市場のコンセンサスよりも利上げに近い位置にいると思う」と語った。

米連邦準備理事会(FRB)はバランスシートの縮小を検討すべきとの考えをあらためて示した。

フィッシャー総裁は、来年3月に退任すると表明している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up