for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

クラウドG<2140.SP>の虚偽記載に5000万円の課徴金納付命令を勧告=監視委

 [東京 27日 ロイター] 証券取引等監視委員会は27日、クラウドゲート2140.SPが金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)をしたとして、4996万円の課徴金納付命令を出すよう金融庁に勧告したと発表した。同社役員に対しても24万円の課徴金納付命令を勧告した。

 監視委によるとクラウドゲートは、札幌証券取引所が運営するアンビシャス市場に新規上場した直前の2006年12月期から、2011年6月第2四半期にかけ、架空売り上げの計上など偽記載のある有価証券報告書を提出した。これに基づいた増資や、役員の個人債務返済のための不正支出もしていた。

 同社は昨秋、第三者委員会を設置して旧経営陣による取引の実態を調査し、不適切な会計処理があったとの報告を受けたと発表していた。札幌証券取引所も、同社を監理銘柄に指定し審査を進めている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up