for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UPDATE1: 米グーグル<GOOG.O>第4四半期決算は市場予想下回る、時間外取引で株価急落

 [サンフランシスコ 19日 ロイター] インターネット検索サービス大手の米グーグルGOOG.Oが19日発表した第4・四半期決算は、一般会計原則(GAAP)基準の純利益が27億1000万ドル、1株利益は8.22ドルだった。前年同期はそれぞれ25億4000万ドル、7.81ドル。一部項目を除いた非GAAP基準の1株利益は9.50ドルで、アナリスト予想の10.49ドルを下回った。

 欧州経済の低迷に圧迫され、売上高と利益の両方が市場予想を下回った。これを受け、株価は時間外取引で9%下落。583ドル付近で推移している。

 売上高は105億8000万ドル。

 提携サイトへの支払い分を除いた純売上高は81億3000万ドル。前年同期は63億7000万ドル、トムソン・ロイター・エスティメーツがまとめたアナリスト予想は84億ドルだった。

 同社はこれまで、8期連続で売上高が予想を上回っていた。

 一部のアナリストの間では、携帯端末用基本ソフト「アンドロイド」やウェブブラウザ「クローム」などのプロジェクトへの多額の投資が業績を圧迫しているのではとの疑問の声が聞かれた。

 フォート・ピット・キャピタルのアナリスト、キム・フォレスト氏は「決算の数字は散々だった。彼らは何に金を使っているのか。おそらくクロームやアンドロイドなどのプラットフォームだと思う」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up