for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米地裁陪審、グーグル<GOOG.O>はオラクル<ORCL.O>の著作権に一部抵触と判断

 [サンフランシスコ 7日 ロイター] スマートフォン(多機能携帯電話)技術をめぐる米ソフトウエア大手オラクルORCL.Oとインターネット検索大手グーグルGOOG.Oの訴訟で、カリフォルニア州サンフランシスコの連邦地方裁判所の陪審員は7日、グーグル側がオラクルのプログラミング言語「Java」の著作権に一部抵触しているとのオラクル側の訴えを認めた。

 著作権者の許可なく利用しても公正な利用(フェアユース)に該当すると判断された場合、行為が適法と認定され、著作権侵害に対する損害賠償の支払いを免れることができるが、今回はグーグルの行為がこれに当たるかの判断は下されていない。

 オラクルは2010年8月、グーグルのスマートフォン向け基本ソフト(OS)「アンドロイド」が自社のJavaの7つの特許と著作権を侵害しているとして、グーグルを提訴。今後は、特許侵害をめぐる訴えが検討されることになる。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up