for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ドイツの銀行システムの見通しをネガティブで据え置き、競争激化などを懸念=ムーディーズ

 [19日 ロイター] 米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは、ドイツの銀行システムの見通しを「ネガティブ」で据え置いた。競争の激しさ、融資の伸びが抑制されていること、欧州のリセッション(景気後退)および資産の質の低下により、利益率が圧迫されることを理由に挙げた。

 ムーディーズは「激しい競争や低金利が利益率を圧迫しており、今後12─18カ月で、既に弱い内容の収入や利益をさらに悪化させることが考えられる」と指摘した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up