for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UPDATE2: フィリピンを「Ba1」に格上げ、投資適格クラスの一歩手前に=ムーディーズ

 [29日 ロイター] 格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは29日、フィリピンの外貨および自国通貨建て長期ソブリン債格付けを「Ba2」から1段階引き上げ、「Ba1」にすると発表した。これは投資適格クラスの1段階下の水準。

 ムーディーズは格上げの理由として、経済パフォーマンスの改善と、歳入が好調に推移していることを挙げた。また、中期的に景気が拡大する公算が強まっていることや、安定した金融システムを評価した。

 見通しは「安定的」としている。

 ムーディーズは「外需の鈍化が逆風となっているにもかかわらず、フィリピンは著しい経済力や財政の底堅さを示した」との声明を発表した。

 フィリピンでは国内総生産(GDP)に対する歳入の比率が依然として15%前後とかなり低い水準にとどまっている上、ガバナンスの弱さが発展を阻害しているものの、投資家の間では、投資適格クラスの格付けを得る日が近いとの見方から、当面は弱点に目をつぶろうとする動きが広まっている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up