for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米コダック<EKDKQ.PK>が債権者からの融資で合意、来年上半期に破産法適用から脱却へ

 [ニューヨーク 12日 ロイター] 経営再建中の米イーストマン・コダックEKDKQ.PKは12日、社債権者から7億9300万ドルの融資を受けることで合意したと発表した。

 同社のアントニオ・ぺレス最高経営責任者(CEO)は、今回の合意により2013年上半期に破産法の適用から脱却することができるとの見通しを示した。

 コダックと合意したのはセンターブリッジ・パートナーズ、GSOキャピタル・パートナーズ、UBSUBSN.VXとJPモルガン・チェース。

 資金提供の条件として、コダックは1年以上買い手を探している特許資産を5億ドル以上で売却すること、個人向け画像事業の全部あるいは一部を売却することが求められる。

 合意内容は破産裁判所の承認を受ける必要がある。

 コダックは今年1月に米連邦破産法第11条の適用を申請していた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up