for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UPDATE1: 2012年のブラジル自動車生産は1.9%減、10年ぶり減少 販売台数は4.6%増

 [サンパウロ 7日 ロイター] ブラジル自動車工業会(Anfavea)によると、2012年の自動車生産台数は1.9%減少し、334万台となった。

 年間ベースで自動車生産が減少したのは10年ぶりで、Anfaveaが12月初めに示した予想の1.5%減を上回る落ち込みとなった。一時的な減税措置の打ち切りが自動車生産を圧迫した。

 12月の生産台数は前月比14%減少した。

 一方、2012年の自動車販売台数は前年比4.6%増の380万台となり、6年連続で過去最高を更新した。

 12月の販売台数は減税措置が年末で期限切れを迎えたことから、駆け込み需要で前月比15.3%増加した。

 ブラジルでは鉱工業生産の5分の1を占める自動車産業を刺激するため、ルセフ政権が昨年5月に自動車業界向けに「緊急」税制優遇策を発動。消費者への販売価格が7%前後引き下げられた。

 その結果、自動車販売台数は増加したが、自動車メーカーは減税措置が打ち切られた後への警戒感から生産を控えた。

 ブラジルの自動車市場ではイタリアのフィアットFIA.MI、ドイツのフォルクスワーゲン(VW)VOWG_p.DE、米国のゼネラル・モーターズ(GM)GM.Nとフォード・モーターF.N4社合わせて70%のシェアを握っているが、各社のパフォーマンスはまちまち。

 2012年は1位のフィアットと2位のVWが販売台数をそれぞれ11%、10%拡大して市場シェアを拡大した一方、3位と4位のGMとフォードの販売台数はそれぞれ2%増、3%増にとどまり、シェアを落とした。

 *ブラジル自動車生産のグラフは以下をクリックしてご覧下さい。

  r.reuters.com/gyc23t

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up