for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UPDATE1: 米国株式市場=続落、半導体セクター見通し引き下げや景気めぐる懸念で

                   (カッコ内は前営業日比)

ダウ工業株30種(ドル).DJI

     終値         10332.44(‐93.87)

   前営業日終値    10426.31(‐11.11)

ナスダック総合.IXIC

     終値         2156.82(‐36.32)

   前営業日終値    2193.14(‐10.64)

S&P総合500種.SPX

     終値         1094.90(‐14.90)

   前営業日終値    1109.80(‐ 0.52)

------------------------------------------------------------------------------

 [ニューヨーク 19日 ロイター] 米株式相場は続落。バンク・オブ・アメリカ・

メリルリンチが半導体セクターの成長見通しを引き下げたことを受けてハイテク株が下げ、

幅広い銘柄に売りが広がった。また、経済指標で景気回復のぜい弱さが浮き彫りとなった。

 ダウ工業株30種.DJIは93.87ドル(0.90%)安の1万0332.44ドル。

 ナスダック総合指数.IXICは36.32ポイント(1.66%)安の2156.82。

 S&P総合500種.SPXは14.90ポイント(1.34%)安の1094.90。

 バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチは、在庫過剰をめぐる懸念を理由に2010年

の半導体セクターの成長見通しを引き下げた。インテルINTC.O、テキサス・インスツル

メンツTXN.N、マーベル・テクノロジーMRVL.Oをはじめとする10銘柄の投資判断も

引き下げた。インテルは4.1%急落。フィラデルフィア半導体株指数.SOXXは3.4

%安となった。

 米大手民間調査機関のコンファレンス・ボード(CB)が19日発表した10月の景気

先行指数は、前月比プラス0.3%の103.8と、2007年9月以来の高水準となっ

たものの、市場予想のプラス0.5%にとどかなかった。

 デルタ・グローバル・アドバイザーズのチーフ・テクニカル・ストラテジスト、ブルー

ス・ザロ氏は「経済が第3・四半期から勢いを失ったという感覚がある。失望感を誘う経

済指標が出たことで、市場は下向きの勢いを増した」と指摘した。

 ドルの上昇も原油や金など天然資源価格を圧迫し、素材株を押し下げた。S&P素材株

指数.GSPMは1.5%安。

 テキサス・インスツルメンツは3.4%、マーベル・テクノロジーは5.1%それぞれ

下落した。

 アップルAAPL.Oは2.7%安となり、ナスダックの下げを主導した。

 この日は幅広い銘柄に売りが出て、ダウ工業株30種の構成銘柄のうち4銘柄を除いて

すべてが下落した。金融株、工業株、一般消費財関連株の下げが目立った。

 S&Pエネルギー株指数.GSPEは、原油安を背景に2.1%下落した。

 アルミニウム大手アルコアAA.Nは3.9%安。

 フィラデルフィアKBW銀行株指数.BKXは2%、ダウ住宅建設株指数.DJUSHB

1.7%下落した。

記事中の企業の関連情報は、各コードをダブルクリックしてご覧ください。

 ※原文参照番号[nN19192057](3000Xtraをご利用の場合、配信後24時間以上経過した

記事でも380日以内であれば[ID:nN19192057]ご覧になれます。なお、契約の内容によ

っては、原文がご覧いただけない場合もあります)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up