for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UPDATE1: 米国株式市場=反落、出口政策近いとの懸念で引け際下げに転じる

                   (カッコ内は前営業日比)

ダウ工業株30種(ドル).DJI

     終値         9748.55(‐81.32)

   前営業日終値    9829.87(+51.01)

ナスダック総合.IXIC

     終値         2131.42(‐14.88)

   前営業日終値    2146.30(+8.26)

S&P総合500種.SPX

     終値         1060.87(‐10.79)

   前営業日終値    1071.66(+7.00)

------------------------------------------------------------------------------

 [ニューヨーク 23日 ロイター] 米株式市場は反落。米連邦準備理事会(FRB)

が景気支援措置の縮小開始に近づいている可能性があるとの懸念が広がった。

 FRBは22─23日の連邦公開市場委員会(FOMC)で、フェデラルファンド(F

F)金利の誘導目標を予想通り0─0.25%に据え置いたが、モーゲージ関連債買い入

れプログラムについて、来年3月末まで期間を延長して購入ペースを徐々に緩める方針を

明らかにした。市場はこれを、景気支援措置の段階的解除に向けた一歩と受けとめ、銀行

株や住宅関連株が売られた。ダウ住宅建設株指数.DJUSHBは3.4%安。

 原油の値下がりを受けてS&Pエネルギー株指数.GSPEも2%下落した。

 ダウ工業株30種.DJIは81.32ドル(0.83%)安の9748.55ドル。

 ナスダック総合指数.IXICは14.88ポイント(0.69%)安の2131.42。

 S&P総合500種.SPXは10.79ポイント(1.01%)安の1060.87。

 この日の相場は、米経済が回復しているとしたFOMC声明を好感して一時は大きく上

昇していたものの、その後、一部の景気支援措置の解除時期をめぐって懸念が広がり、終

了前1時間で下げに転じた。

 リンド・ウォルドックのシニアマーケットストラテジスト、ダン・ファレッタ氏は、ま

た、FOMC声明が政策金利を長期間異例の低水準に維持する方針をあらためて示したこ

とについて、「低金利の維持は消費者にはプラスだが、銀行にとっては利益を上げること

が難しくなる」との見方を示した。

 同氏はここ6カ月で株価が60%近く上昇していたことから、市場ではFOMC声明を

利食いのきっかけにした、との見方を示した。

 また、FRBはモーゲージ関連債の購入ペース緩和について6カ月後に検討することも

できると指摘。「モーゲージや住宅市場全般、さらに銀行セクターは依然多くの問題を抱

えている」と述べた。

 JPモルガンJPM.Nは3.03%安。S&P金融株指数.GSPFとフィラデルフィアK

BW銀行株指数.BKXはそれぞれ2.1%下落した。

 住宅建設のトール・ブラザーズTOL.Nは3.4%安。

 エネルギー株ではシェブロンCVX.Nが1.7%下げた。

 シスコシステムズCSCO.Oは2.6%安。

記事中の企業の関連情報は、各コードをダブルクリックしてご覧ください。

 ※原文参照番号[nN23416708](3000Xtraをご利用の場合、配信後24時間以上経過した

記事でも380日以内であれば[ID:nN23416708]ご覧になれます。なお、契約の内容によ

っては、原文がご覧いただけない場合もあります)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up