for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米国株式市場サマリー(23日)

                        (カッコ内は前営業日比)

ダウ工業株30種(ドル).DJI

     終値       10282.41(‐100.97)

     始値       10383.16

     高値       10411.12

     安値       10267.83

   前営業日終値   10383.38(‐18.97)

ダウ輸送株20種      4065.82 (‐25.17)

ダウ公共株15種      371.35 (‐2.87)

NYSE出来高概算     10.80億株

   値上がり(銘柄)   939

   値下がり(銘柄)   2113

   変わらず        93

S&P総合500種.SPX

     終値       1094.60(‐13.41)

     始値       1107.49

     高値       1108.58

     安値       1092.18

ナスダック総合.IXIC

     終値       2213.44(‐28.59)

     始値       2238.01

     高値       2239.80

     安値       2205.70

フィラデルフィア半導体株指数.SOXX    332.87 (‐9.68)

シカゴ日経平均先物3月限(ドル建て)終値 10215 (‐135)大証終値比

シカゴ日経平均先物3月限(円建て)終値 10205 (‐145)大証終値比

-------------------------------------------------------------------------------

 続落し、下げ幅は約3週間ぶりの大きさとなった。2月の消費者信頼感指数が大きく落

ち込んだことから、経済をめぐる懸念が高まった。

 コンファレンス・ボード(CB)が発表した2月の消費者信頼感指数は、短期的な雇用

見通しが悪化するなか、10カ月ぶりの水準に落ち込んだ。小売各社の決算も、ターゲッ

TGT.Nが第1・四半期の業績についてさえない見通しを示すなど、株価の支援材料に

はならなかった。

 MFグローバルの金融リサーチ部門バイスプレジデント兼シニア株価指数アナリスト、

ニック・カリバス氏は「景気の主なけん引役をめぐり成長見通しにやや調整が入っている

」とし、「景気見通しが下方修正されれば、当然、素材や半導体などのセクターに売りが

出るだろう」と述べた。

 この日は景気循環に敏感なセクターを中心に売りが広がり、ハイテク、素材、エネルギ

ー株などが下げを主導した。S&Pエネルギー株指数.GSPEは1.5%安、キャタピラ

CAT.Nは2.4%安。インテルINTC.Oも2.4%安で、フィラデルフィア半導体株

指数.SOXXは2.8%下落した。

 消費者信頼感指数の落ち込みに加え、市場ではバーナンキ米連邦準備理事会(FRB)

議長の議会証言を24、25日に控えて警戒感が漂っている。

 12月のS&Pケース・シラー米住宅価格指数が予想外に低下したことも、景気回復の

持続可能性をめぐる懸念を強めた。

 ホーム・デポHD.Nは逆行高。決算が市場予想を上回り、業績見通しを引き上げたこと

を好感して1.4%上昇した。

 ターゲットは1.2%安。同社の第4・四半期決算は市場予想をやや上回ったものの、

第1・四半期についてさえない見通しを示したことが圧迫材料となった。

                           [東京 24日 ロイター]

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up