for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

世界経済の不均衡、中国ではなく米国が原因=ブラジル財務相

 [ブラジリア 12日 ロイター] ブラジルのマンテガ財務相は12日、世界経済の不均衡是正に向け、米国に対して利上げを実施しドル上昇を容認するよう求める考えを示した。ロイター・インサイダーとのインタビューで語った。

 同相はまた、国際通貨基金(IMF)と欧州連合(EU)に対し、ユーロ緊急支援策を迅速に実行するよう求めた。

 同相は「米国は利上げを実施する必要がある」と強調。人民元相場が世界貿易に与える影響について聞かれると「問題は中国ではなく、米国だ。より大きな責任は弱いドルにある」と答え、米国の低金利政策と過剰信用がドル安の背景にあるとの見方を示した。

 また「米国などの先進国は新興国の犠牲のもとに輸出を拡大し、不均衡を是正しようとしている」とした。

 ユーロ緊急支援策については「市場は(支援の)約束について満足している。次に求められるのは具体的な措置だ」と指摘した上で「主要20カ国・地域(G20)が世界金融危機対応で1兆ドルの支援を行ったように、迅速に行動することが必要だ」とした。

原文参照番号[nN12192377](3000Xtraをご利用の場合、配信後24時間以上経過した記事でも380日以内であれば[ID:nN12192377]でご覧になれます。なお、契約の内容によっては、原文がご覧いただけない場合もあります)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up