for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

FOMC議事録こうみる:FF金利は今後2%に低下=クレディ・スイス

<クレディ・スイスの米金利ストラテジスト、カール・ランツ氏>

 今回の内容は、基本的に米連邦準備理事会(FRB)にとって追加緩和への道を開くと思われる。FRBは、これまで積極的な措置を取ってきたが、依然として成長に対する下振れリスクが存在すると認識している。

 インフレについても言及しているが、0.5%の利下げはインフレ圧力を高めることはないとし、インフレは恐らく今後数四半期で鈍化するとの認識を示した。

 議事録の内容は、フェデラルファンド(FF)金利が今後2%に低下するとの市場の見方に沿っている。それ以上の利下げの可能性について想定するのは困難だと考える。

(ニューヨーク 20日 ロイター)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up