for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

コートジボワールが23億ドルのユーロ債利子不払い、猶予期間は2月まで

 [ロンドン 3日 ロイター] 昨年11月末に実施された大統領選挙の結果をめぐり混乱が続くアフリカ西部のコートジボワールが、12月31日が期限となっていた総額23億ドルのユーロ債の利子の支払いを行わなかった。民間金融機関の債権者団体、ロンドンクラブが3日、明らかにした。

 12月31日に期限を迎えた利子は約3000万ドル。ただロンドンクラブは、支払いの猶予期間は2月1日までとなっているため、デフォルト(債務不履行)に陥っていないとしている。

 ロンドンクラブの会長を務めるBNPパリバのThierry Desjardins氏は、ロイターの電話取材に対し、「12月31日までに利子が支払われなかった。コートジボワールには支払う意思があるとの印象を持っている。猶予期間が30日あるため、デフォルトには陥っていない」と述べた。

 コートジボワールでは、大統領選挙後の混乱で少なくとも170人が死亡。混乱が広がったことで、世界銀行は同国に対する8億ドルを超える支援金を凍結した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up