for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

スペインは危機対処で正しい軌道に乗っている=メルケル独首相

 [マドリード 3日 ロイター] ドイツのメルケル首相は3日、スペインは危機対処で正しい軌道に乗っているとの認識を示した。

 また、ユーロ圏は3月までに経済安定の強化に向け重要な措置を講じると言明した。

 メルケル首相はスペインのサパテロ首相との首脳会談後、共同記者会見に臨み、「スペインはしっかりと宿題をやっている。現時点でスペインが正しい軌道に乗っていると確信している」と述べた。

 また、スペインに対する投資家のセンチメントが最近上向いてきていることを受け、メルケル首相は「市場は全般的に、スペインの行ってきたことを関心を持って認識し、受け入れていると考えている」と語った。

 スペインはこの日国債入札を実施し、35億ユーロを調達。利回りは前回から低下した。

 4日に行われる欧州連合(EU)首脳会議では、フランスとドイツが

経済政策での協調強化や域内における競争力格差の是正、欧州金融安定化ファシリティー(EFSF)改革などの共同提案の骨子を提示する見通し。

 メルケル首相は「ドイツやスペイン、そしてすべての欧州の関係国は3月末までに、EUの安定・成長協定に関して重要な措置を講じる必要がある。それにより、競争力(強化)に関する協定を導入することが可能となる。これが実現すれば重要なシグナルとなる」と語った。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up