for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米FRBの国債買い入れ、全額実施すべき=ミネアポリス地区連銀総裁

 [セントクラウド(米ミネソタ州) 3日 ロイター] 米ミネアポリス地区連銀のコチャラコタ総裁は3日、連邦準備理事会(FRB)は6000億ドルの国債買い入れを全額実施すべきとの見解を示した。また追加買い入れはインフレ率の低下が続いた場合にのみ行うべきと述べた。

 同総裁は講演後に「絶対と言い切ることはできないが、資産買い入れプログラムを中止しなければならない不確実性は今のところ見られない」と語った。

 インフレ率低下をめぐる懸念が国債買い入れプログラムを支持した理由と説明し、低下が続けばFRBは追加買い入れを検討すべきと述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up