for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

量的緩和策は奏功、名目需要回復で高インフレ環境に=ビーン英中銀副総裁

 [ロンドン 25日 ロイター] イングランド銀行(英中央銀行)のビーン副総裁は25日、中銀の量的緩和策は奏功したが、量的緩和により名目需要が回復したことで、インフレ率が高過ぎる環境となった、との認識を示した。

 ただ副総裁は、インフレ加速について、量的緩和が直接の原因とはせず、世界的な商品(コモディティ)価格の上昇、付加価値税(VAT)引き上げ、2007─08年のポンド下落が主因だと指摘した。

 副総裁はニューヨークで開催される金融政策に関する会議向けの講演原稿で、名目国内総生産(GDP)の伸びが回復したことについて「金融政策以外の要因ももちろんあるが、(量的緩和)政策が奏功したようだ」と指摘。ただ名目GDPの伸びは、実質GDPの増加ではなく、望ましくないインフレ高進によるものだと分析した。

 その上で、名目需要の全般的な伸び率は満足いく水準にあるが、インフレと経済活動のアンバランスは、われわれが望むものでは決してないとした。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up