for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

従来の政策スタンス変わりない、先行き判断は微妙な局面に=福井日銀総裁

  [東京 22日 ロイター] 福井俊彦日銀総裁は22日、金融政策決定会合後の記者会見で、今後の金融政策について、利下げ方向の観測が市場にあることは承知していると述べたうえで、先行き不透明感の高まりを背景に、先行きの政策判断は微妙な局面に来ていると語った。その上で、日本が低金利水準にあるが故に金融政策に制約があるとは考えていないとも述べ、フォワード・ルッキングな視点で適切な金融政策判断を行う姿勢を示した。

 ただ、これまでの緩やかな拡大が続くとの基本シナリオは維持し、利上げ方向の金融政策スタンスも変わりないとも述べた。

 *この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

 ロイターニュースサイトでの日銀特集ページはこちらをご覧ください。 here 3000Xtra、 Kobraをご利用のお客様は、上記URLをクリックしてください。ロイター・ターミナルをご利用のお客様はブラウザーにURLをコピーしてください。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up