for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

足もと・先行きとも景気判断を下方修正、「拡大」の表現を削除=4月日銀月報

 [東京 9日 ロイター] 日銀は9日公表した4月の金融経済月報(基本的見解)で、景気の現状・先行きともに判断を下方修正し、「拡大」との表現を削除した。足もとについては「エネルギー・原材料価格の影響などから減速している」とし、先行きは「当面減速が続くものの、その後緩やかな成長経路をたどる」との判断に変更した。

 足もとでは企業収益の伸び悩みや業況感の慎重化を指摘、設備投資は3月までの増加基調から「増勢が鈍化している」に下方修正した。先行きも設備投資や個人消費が、増加基調をたどるとの見方から4月は「底堅く推移する」と修正。住宅投資も回復テンポが緩やかにとどまるとの見方に下方修正した。経済全体の需給ギャップについてはこれまでの「需要超過方向で推移する」との判断から需給ギャップがほぼゼロを示す「おおむねバランスした状態」で推移するとの見方に変更した。

 *この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up