for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UPDATE1: 設備投資の判断を下方修正、企業の資金繰りもやや悪化=9月日銀金融経済月報

 [東京 18日 ロイター] 日銀は18日に公表した9月金融経済月報で、設備投資の判断を「幾分減少している」に下方修正した。企業収益の悪化が背景。このほか、企業の資金繰りについても、中小企業だけでなく、建設・不動産などの規模の比較的大きな企業でもやや悪化しているとの見方を示した。一方、物価は、国際商品市況の増勢鈍化を映じて先行き上昇テンポが鈍化していくとの見通しを示した。全体の景気判断は「停滞している」で据え置いた。

 足元の設備投資判断は「企業収益が交易条件の悪化などを背景に減少するもとで、足元幾分減少している」とし、前月の「横ばい」から下方修正した。その他の需要項目は判断を据え置いた。また、物価についても、国際商品市況の反落により、国内企業物価の上昇テンポが幾分鈍化しているとし、先行きも上昇テンポが鈍化するとみられるとの判断を示した。

 金融面では、企業の資金繰りについて、中小企業に加え、不動産や建設業などでは、規模の大きい企業も含めて悪化しているとの見方を示した。

 全体の景気判断は前月と変らず、現状については「エネルギー・原材料価格高や輸出の増勢鈍化などを背景に、停滞している」と総括。先行きについては「当面停滞を続ける可能性が高い」としたものの、「国際商品市況が落ち着き、海外経済も減速局面を脱するにつれて、次第に緩やかな成長経路に復していく」との見通しを示した。

 (ロイター日本語ニュース 中川泉記者;編集 内田慎一)

※(izumi.nakagawa@thomsonreuters.com; 03‐6441‐1834; ロイターメッセージング:izumi.nakagawa.thomsonreuters.com@reuters.net)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up