for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UPDATE1: タイ・マレーシア・インドネシアの中銀、自国通貨防衛のため介入のもよう

 [シンガポール 2日 ロイター] 市場関係者によると、タイ、マレーシア、インドネシアの中央銀行が、自国通貨防衛のため市場介入を実施したもよう。

 トレーダーによると、タイ中銀はバーツTHB=THが1年ぶり安値となる1ドル=34.47バーツをつけたことを受け、介入を実施した可能性がある。

 タイではサマック首相がバンコクに非常事態宣言を発令するなど、政治不安が深刻化している。

 一方、韓国中銀も口先介入を実施しており、ウォンKRW=は前日つけた4年ぶり安値の1ドル=1116ウォンから1113ウォンに回復した。

 トレーダーによると、マレーシア中銀は、1ドル=3.4190リンギと3.4180リンギの水準でドル売りを実施したもよう。

 インドネシアのルピアIDR=は1ドル=9190ルピアと、8月20日以来の安値に下落した。これを受け、インドネシア中銀がその水準でドル売り介入を行ったという。

原文参照番号[nSP130196](3000Xtraをご利用の場合、配信後24時間以上経過した記事でも380日以内であれば[ID:nSP130196]でご覧になれます。なお、契約の内容によっては、原文がご覧いただけない場合もあります)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up