for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米欧金融機関、今後資本調達が困難になる可能性に注意─何人かの委員=9月16・17日日銀会合議事要旨

 [東京 10日 ロイター] 日銀が公表した9月16・17日開催の金融政策決定会合議事要旨によると、国際金融市場について、市場の流動性が大きく低下しており、米欧金融機関では今後、資本の調達が困難になる可能性に注意が必要との意見が出されていたことが明らかになった。 リーマンLEHMQ.PKの破たんに伴う国際金融市場の動揺が今後、邦銀の貸出姿勢にどう影響するか注視する必要があるとの意見も出された。米国経済は悪化に歯止めがかかっておらず、日本経済でも設備投資や個人消費が伸び悩む可能性が高いとの見方で一致した。成長経路に復するメーンシナリオに変化はないものの、その時期が後ずれする可能性は意識すべきとの意見が何人かの委員から出された。

 *この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up