for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UPDATE1: 中国の裁判所、米マイクロソフト<MSFT.O>に知的財産権侵害の判決

 [上海 18日 ロイター] 中国の裁判所は、米マイクロソフトMSFT.Oが中国のソフトウエア会社の知的財産権を侵害しているとの判断を下した。予想外の判決を受けて、知的財産権の係争をめぐる中国当局の対応への懸念が再燃している

 北京市第一中級人民法院(地裁)は、マイクロソフト製の基本ソフト(OS)に使用されている2つの中国語フォントに関して、開発元である中易中標電子信息技術とのライセンス合意には含まれていなかったと指摘した。

 判決によると、マイクロソフトは、中国語版のウィンドウズ98、ウィンドウズ2000、ウィンドウズ2003、ウィンドウズXPの販売を差し止められることになる。ただ、判決が適用される時期は明らかになっていない。

 マイクロソフトは声明を発表し、「当社は知的財産権を尊重しており、合法的な権利がある場合にのみ第三者の知的財産を使用する」とし、控訴する意向を明らかにした。

 中易中標電子信息技術は声明で「両社間の合意に基づくと、マイクロソフトが当社の知的財産を使用できるのはウィンドウズ95のみ。しかし、マイクロソフトは、中国語版ウィンドウズOSのそれ以降のバージョンについても知的財産を使用した」と主張している。

記事中の企業の関連情報は、各コードをダブルクリックしてご覧ください。

 ※原文参照番号[nSHA248413](3000Xtraをご利用の場合、配信後24時間以上経過した記事でも380日以内であれば[ID:nSHA248413]でご覧になれます。なお、契約の内容によっては、原文がご覧いただけない場合もあります)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up