for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ジオスター<5282.T>が生産拠点再編で千葉工場を閉鎖、業績予想を修正

 [東京 25日 ロイター] ジオスター5282.Tは25日、関東の生産拠点の再編に伴い、千葉工場を2012年3月末で閉鎖すると発表した。

 同社は10月1日付で東京エコン建鉄と合併。このため従来のコンクリート二次製品に加え、鋼製セグメント等の鉄鋼加工製品の製造を行う体制を整えるとともに、関東地域での生産拠点は4事業所となった。今回の工場閉鎖はコスト削減を可能とする生産体制を検討した結果。なお、工場閉鎖に伴い2012年3月期第3・四半期に約4.9億円の特別損失の計上を予定している。

 また、ジオスターは同日、業績予想の修正を発表した。それによると、11年9月期の連結売上高は74億円が70.06億円に、営業収益は2.5億円の減益から9300万円の減益に、経常収益も2.3億円の減益から7700万円の減益に上方修正されたほか、12年3月期通期連結業績予想も、売上高は183億円が224億円に、営業利益は3億円が7.8億円に、経常利益は3.1億円が7.9億円、当期利益は1.6億円が89億円に、それぞれ上方修正された。

 なお発表によると、同社が10月1日付で実施した東京エコン建鉄と合併は、企業結合会計の逆取得にあたるため、通期連結業績予想は、旧東京エコン建鉄の11年9月中間期の連結業績予想に、合併新会社の11年10月から12年3月末までの連結業績予想を合算したものとなる。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up