for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

タイの洪水被害が拡大、首相はバンコク中心部も浸水が1カ月続く恐れがあると警告

 [バンコク 26日 ロイター] 洪水被害が拡大しているタイでは、首都バンコク中心部も浸水する懸念が高まっている。

 インラック首相は26日、記者団に対し、バンコクの一部地域は1カ月にわたって浸水が続く恐れがあると警告。「状況を調査した結果、水が海に出て行くまでに、バンコクでは2週間から1カ月にわたって浸水が続く見通しだ。だが、他の地域のように、2―3カ月にわたって2―3メートルの浸水が続くことはない」と語った。

 インラック首相は25日遅く、テレビを通じ、堤防が決壊すればバンコク中心部は一部で水深が1.5メートルに達する可能性があるとして、住民に対し、家具などを高い場所に移動するよう呼び掛けた。

 当局者らは、王宮や発電所などを守る体制を強化している。

 主に国内便が発着しているバンコク北部のドンムアン空港は25日に閉鎖され、メディア報道によると、26日には滑走路に水が浸入した。

 バンコクの主要空港であるスワンナプーム国際空港は、高台にあるため依然として航空機が発着しているが、タイ国際航空THAI.BKはスタッフが確保できないため減便する可能性があると明らかにした。

 タイ政府はドンムアン空港に危機対策センターを設置しているが、当面はその場で業務を続けることに決めた。

 観光相は、洪水により、今年の観光客数は政府目標の1900万人を50万―100万人下回る可能性があるとの見通しを示した。

 当局はバンコク東部や西部で排水作業に務めているが、チャオプラヤ川の水位が記録的水準に上昇しており、満潮時にはバンコク中心部の商業地域が浸水するリスクが高まっている。

 ランシット大学気候変動災害センターのディレクター、Seri Supharatid氏は「すべての堤防が破壊されれば、最悪のシナリオではバンコク全域が多少なりとも浸水する」と警告している。

 7月中旬から続いている今回の洪水では、タイ北部、北東部、中部地域を中心に、これまでに少なくとも366人が死亡。250万人近くが被害を受け、11万3000人以上が避難生活を強いられている。

 影響は産業セクターにも広がり、アユタヤ県などで7つの工業団地が閉鎖され、工業製品の生産が大きな打撃を受けている。

 当局は、浸水被害に備えるため、10月27日から31日までを休日にすると発表した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up