for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ユーロ圏周辺国のCDSスプレッドが拡大、スペインは過去最大に=マークイット

 [ロンドン 29日 ロイター] 29日の欧州クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場で、ユーロ圏周辺国の債務保証コストが増大した。欧州中央銀行(ECB)の1年物オペ満期を控えた銀行の資金状況に対する懸念が背景で、スペインのCDSスプレッドは過去最大に拡大している。

 マークイットによると、スペインの5年物CDSスプレッドは11ベーシスポイント(bp)拡大し過去最大の277bpとなった。

 ポルトガルの5年物CDSスプレッドは11bp拡大の335bp、イタリアは16bp拡大し204bp、アイルランドは10bp拡大し279bpとなっている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up