for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

通貨戦争が深刻化、全面的な通商戦争には発展せず=中国商務省

 [北京 1日 ロイター] 中国商務省は1日、「通貨戦争」の深刻化が来年の世界経済に影を落とすが、全面的な通商戦争に発展する可能性は低いとの見解を示した。

 ウェブサイトで公表したリポートで商務省は、世界的な通商フローの均衡化に向け、中国は先端技術やリソースの輸入拡大で役割を担うとした。

 「通貨戦争は深刻化している」と指摘。その上で「中期的には米ドルが引き続き軟調となり、主要通貨間の駆け引きが拡大し、企業活動や世界的な通商面に影響するリスクが増す」とした。

 しかし、国内景気の押し上げへ各国が輸出拡大を進める一方、世界貿易機関(WTO)などの国際機関が紛争を食い止めるため、摩擦は抑制されるとの見通しを示した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up