for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UPDATE1: 中国・香港株式市場・大引け=続落、リスク回避で売り優勢

上海総合指数.SSEC      前営業日比 売買代金概算

 大引け     2898.138   13.276安  1093.6億元(上海A株)

 高値      2921.275

 安値      2891.858

 前場終値    2917.205    5.791高

 寄り付き    2908.865    2.549安

 前営業日終値 2911.414   15.663安  1428.1億元(上海A株)

ハンセン指数.HSI

 大引け     22668.78   306.57安  762.7億香港ドル

 高値      22992.07

 安値      22598.96

 前場終値    22888.74    86.61安

 寄り付き    22949.78    25.57安

 前営業日終値  22975.35   455.84安  724.5億香港ドル

--------------------------------------------------------------------------------

 [香港/上海 16日 ロイター] 16日の中国株式市場は続落。薄商いのなか、金

融引き締めのなか金融株が売り優勢となった。

 中国当局が利上げではなく預金準備率の引き上げで対応していることは市場に好感され

ているが、投機筋は買い上げるのに慎重になっている。

 上海総合指数.SSECの終値は13.276ポイント(0.46%)安の

2898.138。250日移動平均の2860より上の水準を維持しており、しっかり

とした支持線となっており、3000の水準を試す可能性がでてきた。

 金融株、保険株が上海市場の重しとなった。平安保険601318.SSは2.9%安、中国

人寿保険601628.SSは1%安。

 休暇シーズンを控え、食品・飲料株が上昇した。前日上場したスーパーマーケットの永

輝超市601933.SSは6.2%上昇した。

 国家開発銀行のアナリストは「消費財は金融引き締めの影響が少ないことから、関連銘

柄は大幅に上昇する可能性がある」との見方を示した。 

 香港株式市場も続落。リスク回避で売り優勢となった。

 ハンセン指数.HSI終値は306.57ポイント(1.33%)安の

2万2668.78。主要支持線を下回った。

 ハンセン中国企業株指数(H株指数).HSCE終値はは150.09ポイント

(1.19%)安の1万2434.95。

 保険株がハンセン指数の重しとなった。平安保険2318.HKは4.5%安となり、ハン

セン指数構成銘柄では値下がり率トップとなった。中国人寿保険2628.HKは2.2%安。

 最近の規制緩和により、大手銀行が積極的に保険業参入を進めることから、市場規模

1240億ドルの中国保険業界は大規模な再編に直面している。

 米プライベートエクイティ(PE)のカーライル・グループによる中国太平洋保険

2601.HK株のロックアップ期間が来週、終了することも悪材料とみなされた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up