for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米ゴールドマン、2008年に13億ドルのリビア政府系ファンドを運用=WSJ

 [31日 ロイター] 米ウォールストリート・ジャーナル紙がゴールドマン・サックスの内部文書として伝えたところによると、同社は2008年に13億ドル以上のリビアの政府系ファンドを為替などの取引で運用し、その結果98%以上の損失を出した。

 政府系ファンドは、同国の最高指導者カダフィ大佐が管理していた。ゴールドマンはファンドの運用で損失が出た際、同社の大株主になるようカダフィ大佐に提案したという。

 ゴールドマンからのコメントは得られていない。

 ゴールドマンは、損失穴埋めため、リビアがゴールドマンに37億ドル投資する代わりに50億ドル相当の同社の優先株を受け取ることなどを提示した。

 また、ゴールドマンのブランクファイン最高経営責任者(CEO)、ビニアー最高財務責任者(CFO)、マイケル・シャーウッド副会長がこの件に関する協議に参加していたという。

 WSJ紙によると、ゴールドマンはリビアの政府系ファンドを、為替オプションと、米シティC.N、イタリアのウニクレディトCRDI.MI、スペインのサンタンデール銀行、独保険大手アリアンツ、フランス電力公社EDF.PA、および、イタリアのエネルギー企業ENIENI.MI6社の株式に投資した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up